おたより

お知らせ

少し早いですが… “水無月”販売開始です!

少し早いですが、水無月の販売開始です!!

毎年早くからご要望を頂戴いたしますので、

今年は、『水無月の販売はいつから始めますか?』の

お声を頂戴いたします前にご用意出来ました!!

6月30日までしっかりご堪能して頂けたらと思います!!

ご来店お待ちしております!!

 

水無月とは…

その昔、6月1日(旧暦)に氷を口にすると夏バテしないと言われていた事から

宮中では 氷の節句の行事として 氷室(ひむろ/京都府衣笠山) から氷を

取り寄せて暑気払いを しました。

しかし、庶民には 手に入れる事が出来ない貴重な 物だった為、氷の欠片を模して

作ったお菓子を食べ暑さを乗り 切ろうとしたようです。

そのお菓子が水無月です。

三角にカットされているのは、 氷の欠片を表現し、上に乗って いる小豆には

悪魔祓いの意味 が込められています。

 現在では、6月30日の夏越祓 (なごしのはらえ)の日に、 無病息災を祈願し

自身の厄除け、そして夏の暑さも乗り切れるよう にと食されています。